環境を考えるものづくり 

~さらなる可能性を求めて~

テクシリーズ

TECHSIDE 掘削中の事故をなくすため。

テクサイドは0レベルからの潜函工法が可能です。現場でのコンクリート打ちが困難な場所でも容易に工事ができ、地盤改良工事も同時に行えます。

また深さ、容量等目的に合わせて設計できるので埋戻しの土量の計算も簡単です。
底面はテクマットを利用することで、特に安全面と工期の短縮には力を発揮します。
また、工事完了後は保護管としての役割を果たします。

規格・寸法

TECHMAT

テクマットは工場生産のユニットです。養生された強度十分なコンクリートは生コン打設に比べて乾燥時間を必要としない為、掘削したその日のうちに、FRP浄化槽を設置し、さらに埋め戻しをすることが可能です。
工期の短縮と同時に作業時に一番多かった生き埋め事故のリスクも回避できます。

規格・寸法

TECHMAT S

テクマットSはテクマット同様、工場生産のユニットです。
専用の受枠がついているのでズレの心配がありません。
サイズも細かく指定できるので、自由な設計が可能です

Copyright(c)    株式会社ダイロク   All Rights Reserved.